★家庭屋根用ソーラーパネル設置費用と投資回収及び四国瀬戸内地域での2011年8月からの太陽光発電量実測データ公開。平成25年も継続中★ 
日本の太陽光発電用パネル設置計画が2013年には累計8ギガワットに達し、うち家庭用は6ギガワット(600万KW)の見込み。2012年メガソーラーなど発電事業の全量42円買取り制度導入で普及に弾みも、さらなる普及のためには遊休農地へのパネル設置を可能にする施策が必要。

 ★★★2011年に設置した家庭用ソーラーシステムパネル太陽光発電の測定データー公開(2013年も毎月測定を継続中)★★★
 
ひと月ごとのソーラー発電量
(kwh/1kwパネルあたり) 実測値データ(2011.8以降)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 4・3kwソーラーパネルを2011年8月に屋根に設置:  S社製(パネルもパワコンも韓国で生産、日本標準規格はクリヤしている)のシリコン単結晶パネル24枚で計4.3KWパネルを2階建て住居南側切妻屋根25度で設置した。 住居は瀬戸内地域だが、西側に山があって夕方4時には日が沈むので太陽光発電には良い立地とは言えない。  設置費用は174万円(消費税、工事費込み)かかったが、国/県/市の補助金を合わせて40万円戻ってくるので、実質は134万円の支出。  
※電力会社とはすでに2年前からエコキュートの季節別昼夜別電力契約 (オール電化では無いので冬は電気節約してガス暖房)している。 太陽光ソーラー発電の売電単価は10年間は42円/kwh。 一方、昼間の購入電気単価は28円/kwh である。

 「2011年8月 4・3kwパネルによるソーラー発電開始」

★ 9月分の発電量は 492kwh
(114kwh/1kwパネルあたりの発電量)
                              そのうち,
売電量は304kwh で 12768円の収入
★ 10月分の発電量は 507kwh
(118kwh/1kwパネル)。売電量は334kwhで 14028円の収入
★ 11月分の発電量は 360kwh
(84kwh/1kwパネル) 売電量は219kwh で 9198円の収入
★ 12月分の発電量は 323kwh
(75kwh/1kwパネル) 売電量は187kwh で 7834円の収入
★ 1月分の発電量は 460kwh
(107kwh/1kwパネル)売電量は279kwhで 11718円の収入
★ 2月分の発電量は 406kwh
(94kwh/1kwパネル) 売電量は252kwhで 10584円の収入
★ 3月分の発電量は 394kwh
(92kwh/1kwパネル)。  売電量は239kwhで 10038円の収入
★ 4月分の発電量は 595kwh
(138kwh/1kwパネル)。 売電量は404kwhで 16968円の収入
                               *ただし4日分の7・4kw増設後発電含む。

 「7・4kwパネルに増設後
 2012年4月にS同社のパネル16枚、3・1kwを東西屋根に増設し合計7・4Kwにして発電を再開した。 3・1kwパネルの増設費用はコミコミで98万円(パワコン等コミ、補助金無し)だったので、合計した7・4Kwパネル設置の総額費用は補助金等差し引いて支出合計232万円となった。 よって全体のソーラー設置費用は「31・4万円/1kwパネルあたり」 となる。
 パネルを置く良い場所がなく、二階建住宅に囲まれた1階建て物置の東西屋根部分に 3・1kwパネルを増設したので発電量が心配だったが、既存の南向き屋根 4・3kwパネルと比較して、冬を除くと発電効率1割以下の低下で済んだ。 7・4kwに増設後は、少々の雨天ならば昼間は売電もできているのがうれしい。
 また4・3kwパネルのときは発電量の6割しか売電に回らなかったが、7・4kwに増設した後は発電量の8割近くが売電に回るようになった。この売電と自家消費電気分を案分計算したソーラ電気の単価は、増設前は 36円/kwhだったのが、パネル増設後には39円/kwhに向上した。 すなわち増設後は、「発電量x39円」 がソーラー発電による収入と計算できる。
 「2012年4月 7・4kwパネルに増設後のソーラー発電量」
★ 5月分の発電量は 956kwh
(129kwh/1kwパネル)売電量は745kwh で 31290円の収入
★ 6月分の発電量は 734kwh
( 99kwh/1kwパネル) 売電量は576kwh で 24192円の収入
★ 7月分の発電量は 774kwh
(105kwh/1kwパネル)売電量は586kwh で 24612円の収入
★ 8月分の発電量は1060kwh
(143kwh/1kwパネル)売電量は796kwhで 33432円の収入
★ 9月分の発電量は 788kwh
(106kwh/1kwパネル)売電量は586kwh で 24612円の収入
★ 10月分の発電量は777kwh
(105kwh/1kwパネル)売電量は626kwh で 26292円の収入
★ 11月分の発電量は591kwh ( 80kwh/1kwパネル)売電量は462kwh で 19404円の収入
★ 12月分の発電量は460kwh ( 62kwh/1kwパネル)売電量は341kwh で 14322円の収入
★ 1月分の発電量は 577kwh ( 78kwh/1kwパネル) 売電量は409kwh で 17178円の収入
★ 2月分の発電量は 590kwh ( 80kwh/1kwパネル) 売電量は461kwh で 19362円の収入
★ 3月分の発電量は 794kwh (107kwh/1kwパネル) 売電量は638kwh で 26796円の収入
★ 4月分の発電量は 817kwh (110kwh/1kwパネル) 売電量は648kwh で 27216円の収入

−−−−「ひと月のソーラー発電量は90kwh/kwパネル、1年に1100kwh/kwパネル」−−−

 
瀬戸内地方住宅に設置したソーラーパネルの場合、1kwパネルあたり平均してひと月に90kwh、一年間で1100kwhと順調に発電している。 そのためソーラー購入費用は、42円買い取り期間の10年内(おそらく6-7年)に回収できる見込み
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 2012年に太陽光発電全量買取制が発足し、業務用ソーラー発電の買取価格が1kwhあたり42円で20年間という発電者に有利なものであったことから、ソーラー普及に弾みがついた。 新聞によると、2012年3月に累計3ギガワットであった日本の家庭用ソーラーパネルは2013年には倍増して累計6ギガワットになりそうだし、メガソーラーなども2ギガワット設置が見込まれるとされる。合計すると8ギガワットだ。8ギガワットソーラーパネルによる実質発電量は、日本の年間電力需要量1兆kwhの1%の100億kwhに相当する。 ソーラー発電する昼間だけに限ると2013年には電力需要量の2-3%をソーラー発電だけで賄えるようになり、夏場エアコン使用のピークカット電源として有望視されている。
 しかし年間電力需要の1割をソーラーでまかなうには80ギガワットのパネル設置が必要で、それには農地法を改正してソーラー電気を農産物と認定し、遊休農地や山林にパネル設置できるようにする施策をとること。 すなわち農地転用ではなく作物転作で対応し、農産収穫物はソーラー電気とする柔軟な解釈が必要。

-以上−
2012年6月26日
九州ホーム > 会員トピックス